歯が欠けた場合、歯を失った場合は、入れ歯やインプラントなどで治療が可能です。また、治療後も歯周病や歯の色など、歯の状態は常にチェックしてケアしていくことが大切です。

歯周病が招く様々な病気とは

歯の模型

歯周病とは歯垢の中の細菌が歯茎に炎症を起こすという感染症であり、少しずつ周りの組織を破壊していきます。
痛みなどの自覚症状がないまま進行してしまうことが特徴です。
放置しておくと歯が抜けてしまう原因にもなるため、できるだけ早く治療を行うことが大切です。
また、歯周病はさまざまな病気の原因になると言われています。
重症化すると死を招く病気に繋がることもあるので注意しましょう。

糖尿病は血糖を下げるホルモンのインスリンが不足したり、上手く働かなくなることが原因で引き起こされる病気です。
それによって血糖値が高い状態が続くことになりますが、さまざまな合併症が起こりやすくなります。
歯周病は糖尿病の合併症として知られていますが、歯のトラブルを改善することで糖尿病を改善することにも繋がると言われています。
歯科治療は通院やメンテナンスでドクターと長く関わることになりますし、生活習慣を変える機会として最適と言えるでしょう。

歯周病は癌や心臓病などの循環器疾患、喘息などの呼吸器疾患と関わりがあることも知られています。
そのような病気を予防するためにもトラブルの原因となるような生活習慣は改善した方が良いでしょう。
喫煙は体にさまざまな悪影響を及ぼすと知られていますが、歯周病の原因になってしまうこともあります。
タバコの煙が口内や歯にダメージを与えるので注意しましょう。

心臓病はいろいろな種類がありますが、歯周病の人は心臓病のリスクも高いとされています。
また、歯周病が進行している人ほど心臓病のリスクが高まることも分かっています。
これは歯周病によって歯茎で作られた炎症性物質が血流に乗り、心臓の血管にも影響を与えるためと考えられています。

肺や気管などの呼吸器は咳などの生理的な反応によって守られています。
しかし、そのような機能が衰えると、自らの唾液や食べ物が誤って肺に入り、肺炎を起こしてしまうことがあります。
歯周病の原因となる細菌は肺炎の原因になってしまうこともありますし、高齢の人や認知症の人、脳血管障害のある人などは特に注意が必要です。

妊娠中の女性で歯周病にかかっている場合、早産のリスクが高くなると言われています。
炎症性物質が胎児にも影響するため、早産しやすくなってしまうということです。
また、妊娠中の女性はつわりの影響で歯磨きをしにくいことがありますし、歯のトラブルが発生しやすくなります。
ちなみに、もともと健康な歯を維持している女性は妊娠しても歯周病にはなりにくいとされています。
しかし、歯周病になっている人が妊娠すると症状が悪化してしまうこともあります。
妊娠を考えているなら日頃からきちんとケアを行うようにしましょう。