歯が欠けた場合、歯を失った場合は、入れ歯やインプラントなどで治療が可能です。また、治療後も歯周病や歯の色など、歯の状態は常にチェックしてケアしていくことが大切です。

オールオン4とオールオン6は何が違う?

綺麗な女性の歯

オールオン4とオールオン6はどちらもインプラント治療なのですが、それぞれの違いや特徴を知っておくと良いでしょう。
悩みや目的に合わせて最適な治療を選んでいくことが大切です。
どちらの治療が良いのか迷っている場合、歯科医院で相談してみると良いでしょう。

オールオン4もオールオン6もインプラントを使った治療方法です。
上下全ての歯にインプラントをしたいと考えている人もいるかもしれません。
人間の歯は親知らずを含めなければ合計で28本となります。
上下にそれぞれ14本ずつインプラントが必要になりますし、インプラントを埋めるための穴も必要になるでしょう。
28箇所も穴を開けると体にかなりの負担がかかってしまいますし、何度も手術を行うと費用も高額になってしまいます。

オールオン4やオールオン6なら28本もインプラントを埋める必要がありません。
オールオン4なら片顎に4本、オールオン6なら片顎に6本のインプラントを埋めるだけです。
これらの治療は1本のインプラントで1つの人工の歯を支えるわけではなく、4本や6本のインプラントで14本の歯を支えるという方法です。
顎の骨に開ける穴の数も少なくて済みますし、体への負担を軽減することができるでしょう。
もちろん手術期間も短くなりますし、費用も安く抑えることができます。

オールオン4とオールオン6はなぜインプラントを埋め込む本数が違うのか知りたい人もいるでしょう。
オールオン4はもともと欧米で開発された技術です。
4本のインプラントで片顎の人口の歯を全て支えるという施術なのですが、これは欧米人の骨格に合わせて開発されたということです。
欧米人は日本人よりも骨格が頑丈なので4本のインプラントで十分な強度と耐久性を維持することができます。

しかし、日本人は欧米人と比べて骨格が弱いですし、4本のインプラントだけでは骨がしっかり噛む力や食いしばる力を受け止めることができません。
骨に大きなダメージがかかってしまう可能性があるため、日本人向けにオールオン6という施術が開発されました。

これは6本のインプラントで片顎の歯を支えるという方法であり、骨格の弱い日本人でも噛む力や食いしばる力が分散されるため、骨へのダメージを軽減することができるでしょう。
基本的な治療方法はオールオン4と同じなのですが、日本人の骨格や顎の形に合わせて開発された方法であり、安全性が高いという特徴があります。
また、噛み心地や安定性にも優れており、6つのインプラントで支えるのでしっかり噛むことができるでしょう。

オールオン4の方が名前をよく知られていますが、オールオン6の方が日本人に向いているということです。
しかし、インプラントの本数が2本増えるため、手術箇所が2箇所増えることになりますし、手術期間や費用なども少し増えてしまいます。
オールオン4やオールオン6の治療を考えている場合、どちらが良いのか歯科医院で相談してみると良いでしょう。