歯が欠けた場合、歯を失った場合は、入れ歯やインプラントなどで治療が可能です。また、治療後も歯周病や歯の色など、歯の状態は常にチェックしてケアしていくことが大切です。

入れ歯とインプラントあなたはどっちを選択する?

サメ

サメの歯は、抜けてしまっても何本でも新しい歯が生えてきます。
しかし、人間の場合、永久歯が抜けてしまうと、それ以上歯が生えることはありません。
抜けた歯をそのままにしてしまうと、見た目が悪いばかりでなく、噛む機能も落ちてしまいます。
そこで、歯科医院に行って治療を受けるようになりますが、歯を失った場合の治療法には、入れ歯とインプラントという2つの治療法があります。

入れ歯の特徴

まず、入れ歯ですが、昔からある治療法で保険も適用されています。
抜けてしまった部分の粘膜の上に、プラスチック樹脂で作られた入れ歯をのせるというものです。
歯が残っている場合は、金属のバネをかけることで固定して、落ちにくいようにします。

入れ歯は安価でできるというメリットがありますが、デメリットもあります。
それは、取り外し式なので、ガタガタしてしまい、噛み心地が悪いというものです。
固いものや繊維質のものは、噛み切ることができないということも多いです。
部分入れ歯は金属のバネが見えてしまい、見た目が悪いという面もあります。

しかし、最近は金属のバネを使わない入れ歯も登場しています。
バルプラストは、金属のバネを使わない入れ歯です。
指で曲げられるほどやわらかい樹脂で作られていて、違和感が少ないという特徴があります。
ウェルデンツは、残っている歯を利用して作られ、とても小型で粘膜をおおう部分が少なく、自然です。
どちらも取り外しが自分でできるので、外して洗うなどメンテナンスが簡単で、衛生的です。

インプラントの特徴

インプラント

それに対して、インプラントは、歯のない部分の顎の骨に、チタン製のネジを埋め込む治療です。
ネジの上に、セラミック製の人工歯を装着することで、本物の歯のような見た目を実現します。
噛み心地も自然で、食事を選ばないというメリットがあります。

ただ、インプラントは保険が適応されないので、費用が高くなってしまうというデメリットがあります。
費用は歯科医院によって異なりますが、1本あたり30万円が目安になります。
失った歯の本数が多ければ、その分費用も高くなってしまうので注意しましょう。
埋め込む骨の状態が悪ければ、骨を増やす治療も受けなくてはなりません。

歯が抜けたら、入れ歯とインプラントのどちらを受けるのかというのは、お口の状態などによって変わってきます。
歯科医師に相談する男性 歯科医院に相談し、メリットだけでなくデメリットも知った上で治療を受けるようにしましょう。
どちらも、作り終わった後に、噛み合わせの調整をすることで、噛みやすくなっていきます。